即日融資でも審査が通る消費者金融

不動産売却の見積書の見方

家の売却方法は、まずは複数の不動産会社から見積書をとって、その物件がどの程度の価格であれば売れるのか、また売却の手続きを不動産会社に仲介依頼したときにどの程度の仲介手数料がかかるのかといった、お金に関するさまざまな項目を、あらかじめチェックしておくことがたいせつです。
この場合の見積書ですが、不動産会社が物件の所在地や面積、構造などの要素だけをもとにして机上で算出した簡易査定によるものか、それとも実際に不動産会社のスタッフが現地を見てチェックをした上で算定した訪問査定によるものかといった違いによって、査定価格そのものも大きく変動する場合があります。
不動産売却の見積書に書かれている査定結果は、通常は建物そのものと、その敷地となっている土地について、それぞれ価格が示されているものです。土地のほうは平米あたりの単価、面積、それから査定にあっての所見などが記載されています。建物は築年数のほか、屋根材や外壁材などのグレード、リフォームをはじめとする管理の履歴、外構や内装の手入れの状況などによって、さらに複雑に加点、減点されますが、これらの項目および所見から成り立っています。
また、実際の売り出し価格や仲介に出した場合の仲介手数料についても、あわせて見積書に記載があるはずですが、こちらは成約までの期間に応じて、金額がかなり変わってくる可能性があります。市場流動性が高い、いわゆる売れ筋の物件であれば、強気の価格設定で、広告などの費用をあまり使わなくても成約に至ることができるため、売主の取り分は大きくなります。

コメントは受け付けていません。